無料のロト6予想数字があなたをお金持ちにする

誕生日など思い入れのある数字を狙い続けるのも素敵ですが、それではなかなか当たりませんよ

ロト6無料予想数字をゲットしてギャンブルを攻略

ロト6予想だけで
生活を出来るようにする!
というコンセプトのもとに運営をしております。

ロト6予想ツールを使った際に
「この数字群なんか見たことあるぞ?」
という感覚を覚えた方、いらっしゃいますか?

もしかしたら数字を見過ぎていて、
ちょっとしたデジャヴである可能性もありますが、
当選結果を見てみると確かに偏りがある
というのが購入者からの本音です。

私も当サイトの予測システムが吐き出した数字を購入しますが、
統計を取ると、確かに同じ数字を多く吐き出すことが判明しています。

結果だけでなく、自社ツールまでもが
大きな偏りが出ていると言えます。

ボールを入れる作業以外に人為的なことはしていないとありますが、
人工知能の類を搭載したマシーンであれば、なんでも出来ますよね?

当システムでも人工知能レベルの技術介入を施しており、
それゆえ安定した結果をご提供できています。

ロト6攻略を目指す皆さんのお力添えは出来ると思います。
無料登録ですので、
当システムの威力を確認してください。



そもそもロト6は43個のボールから夢ロトくんと言う機会を使い、
ボールがランダムで取りだされるというシステムです。
なぜ、ロト6の予想法がこんなにも多く世に出回っているのか?
と疑念を抱いたことはありませんか?

ネットで検索すれば、多くの情報が出てきますが、
全ての数字を言い当てたことを前提に、情報を取得してくださいと言う詐欺がいくつか発生しています。
ウソ情報であれば事前にその数字を言い当てることはできませんが、
この件では、事前に全ての数字を言い当てたということです。

確かにこの一件を目にしたときは驚きでした。
当サイトが提供する情報でも6つの数字、即ち1通りで一等を当てたことはありませんし、
残念ながらこの先もほぼ不可能でしょう。

その話の真偽は分かりませんが、もしその話が現実的に起こっていたとすれば、
一等の当選者にある程度の偏りが出てくるものでしょう。
上手く分散させているのか?今のところその類の話にはお目にかかっておりません。

話は少し反れますが、八百長と呼ばれるスポーツを聞いたことはありますか?
最近では、国技である相撲で八百長問題がありました。

メールでのやり取りが警視庁で確認されており、
以前から漫画などでは相撲の八百長疑惑に関するネタが書かれていますが、それが現実のものとなったわけです。

30年以上前から行われていたわけで、その他のスポーツに関しても現実としてあるのではないか?
と、観ている私たちからすれば疑念を抱く内容となりました。

ということで、
ロト6が完全に白いギャンブルなのか?と言われると、
そうではないかもしれませんね?

さて、ロト6はいわゆる公営ギャンブルなわけですが、
ギャンブルをするための前提条件としてお金がかかります。
どのギャンブルにもテラ銭が存在します。

内輪で行うギャンブルは別ですが、張った時点で時点で
マイナスからスタートします。
パチンコでいえば、パチンコ玉に
交換した時点でマイナスです。

等価であればもちろんマイナスではありませんが、パチンコ玉を打ち出すためにパチンコ玉へ交換したら、
当然その後打ち始めます。
即ち、交換をした時点で打ち出すことが前提にあることからマイナススタートなのです。
交換したものを再度現金に換える程暇な人はいませんから。

競馬でも同じです。
馬券を買った時点で券種によって、そのマイナス割合は異なりますが、25%がテラ銭です。
かけた券種ごとの合計金額の75%を当たった人の頭割になるので、
馬券総売り上げの25%は
農林水産省を頭とするJRAの取り分となるわけです。

もちろんその中から運営費なり人件費が支払われます。
売上、即ち馬券の購入金額が少なければ赤字となってしまうわけです。
農林水産省も美味しい収入口を減らしたくないわけですから、最近では、テレビでよく見る俳優さんたちを使い、
若者や今までに競馬を知らなかった人たちへのアクセスが功を奏し、売上も順調であると聞きます。

当サイトは、競馬の情報を提供するサイトではありませんが、競馬好きのために有益な情報を紹介しましょう。
紹介するサイトでは、最小限のお金で投資が始められることをコンセプトにしたサイトです。
管理人目線で今、最も有益な情報が入る無料競馬情報サイトを紹介しています。
無料競馬予想で投資生活と題して、情報だけでなく競馬で勝つためのコツや利益を出すための理論、勝ち始めた人の報告などを掲載しています。血統情報やトレセン情報なども掲載しているので、競馬が好きな人は是非見てください。

では、本題に戻ります。
ギャンブルにより控除率や営業割と呼び名は異なりますが、
宝くじの場合はその割合が、50%以下と法律で決められています。
競馬と比べると、
『宝くじ 50%程度のテラ銭』>『競馬 25%程度のテラ銭』

儲かり具合が半端なさそうです・・・。

このように数字で見ると宝くじは辞めた方がいいのか?と思われるかもしれません。
確かに、何の根拠もなく儲かる!と思っている方は
辞めた方が良いかもしれません。

ちなみに、宝くじの売上のうち公益事業で使われるものが35%程度と言われています。
地方自治体の強化や、地域活性化などに活用されます。
ある意味ユニセフや赤十字と言ったものに寄付する感覚と言えますね。

ちなみにテラ銭は、発売元の都道府県と政令指定都市の収入となるので、
東京都クジなどの収益は、都の財源となり、学校や道路などの公共事業に使われます。

宝くじはかけた金額からの控除が高い
というお話をしましたが、その分大きなメリットもあります。

例えば、競馬でいえば50万円以上の配当には、
【配当金-特別控除額(50万円)】÷2が一時所得となり、
課税対象となります。
1億円の配当を得たとすれば、およそ5000万円が
一時所得となります。

そんな大きな配当でなければ確定申告しない限りばれることはありませんが、隠密に出来ないレベルの
大きな数字になると、逃れようがありません。

最近、競馬ソフトを使ったサラリーマンの話が話題になっていますよね?
29億円賭けて30億の配当を得た!
しかし課税対象は30億円なので、何億もの税金を支払え!という裁判です。

しかし、宝くじの当選は非課税収入です。
当せん金付証票法第12条の規定により、1億当たろうが税金は一切かかりません。

住民税もかかりません。ですから大きな配当を得た後の残高で考えれば、
『競馬 75%÷2』 < 『宝くじ 48%』となり、住民税もかからないので
上記数字以上に、競馬などで高配当を得るよりも率を高く手中に収めることが出来るのです。

もうご理解いただけたかと思いますが、
ギャンブルをするのであれば宝くじは割が良いギャンブルなのです。

そして宝くじのカテゴリの中で、ロト6の予想であれば、当サイトの当システムにお任せください。
私自身も購入していますので、安心してご参加頂けると思います。
1つの組み合わせでの情報配信ではありませんが、納得頂ける内容となっております。
ロト6攻略を目指す皆様のご参加をお待ちしております。